園の概要

「つよい子」「よい子」「げんきな子」に育つ環境づくり。 ~みんなで育てよう未来へ伸びる子どもたち~

ごあいさつ

わたしたちは、「子ども一人ひとりを大切にし、保護者から信頼され、地域に愛される保育園を目指す。」を保育理念として掲げています。
子どもたちが持つ「自ら伸びようとする力」を尊重し、遊びを通して自発性、自立性、社会性などを身につけ、「人間らしく楽しく生きていく」ために、養護と教育が一体となった保育を行い、心身ともに健やかな乳幼児の成長を図ります。
安全・安心な保育園生活が送れるよう職員一丸となって努力してまいります。

萱瀬保育園園歌

あさひのひかり キラキラ
つよいこ よいこ げんきなこ
おゆうぎ おはなし うれしいなあ
たのしい かやぜほいくえん

おててつないで ニイコニコ
みどりの おやまに まもられて
なかよし こよし うれしいなあ
たのしい かやぜほいくえん

かわいいことりも ピイチクチ
おうたで のびる おにわには
きれいな おはな うれしいなあ
たのしい かやぜほいくえん

かやぜ保育園の概要

名 称社会福祉法人 萱瀬保育園
所在地〒856-0014 大村市田下町1576-2
0957-55-7622   0957-55-7606
代表者園長 永田 久子
設立年月日昭和29年4月
職 員24名
定員数60名

具体的支援

  • 乳幼児が安心して生活できるよう、家庭と同様な雰囲気づくりに努めます。
  • お散歩など戸外活動に力を入れ、体育指導を取り入れることにより元気で丈夫な身体をつくります。
  • 英語教室を取り入れることで、グローバルな考え方ができるような環境づくりをします。
  • お友だちとの遊びの中で社会のルールを知り、交通指導や避難訓練で危険から身を守る方法を学びます。
  • お花や野菜を育てたり、生き物と触れ合うことによって命の大切さを知り、思いやりやいたわりの心を育てます。
  • 保育に音楽、劇などを取り入れ、発想する力や表現する力を養います。
  • 栄養のバランスを考えた給食を行い、日々の健康に注意すると共に、食事の大切さやマナーを身に付けさせます。
  • 地域の伝統行事に積極的に参加したり、運動会、お遊戯会などで地域の方をご案内することでふれあいを深めます。
  • 保育参観を行うことで日頃の様子をお知らせします。
    なお、保育園は集団生活の場でもありますので、社会性や協調性が求められます。集団保育の良さを生かした保育に努めていきたいと思います。
    また、当園では、入園したお子様を安心して楽しい生活ができるよう、保護者の皆様方と可能なかぎり意思の疎通を図ります。
  • 子どもと保育士の心のふれあいを大切にし、可能性を秘めた資質を十分発揮できるよう思いやりのある保育に努めていきます。